幸せに輝く瞬間を写真にのこすための情報サイト

HOME » 結婚写真スタジオ選びの決め手 » 衣装

衣装

このページでは、結婚写真スタジオ選びのポイントとして、衣装についてまとめています。

結論からいうと、やはり「衣装を豊富にそろえている」という1点につきます。だからといって、同じサイズや、同じタイプの衣装ばかりそろえているようなところはダメ。

以下の選び方を参考に、自分がよりすてきに見える衣装がそろっているスタジオを探しましょう。

ウェディングドレス選び方

種類はいろいろありますが、ドレスを選ぶ際のポイントとしてはずせないのが会場の大きさと広さです。会場の広さによってレンタルウェディングドレスの形を選ぶと、披露宴での見栄えが違います。さらに、自分の体型に合わせてドレスの形を選ぶことも大切です。

ウェディングドレスのスレンダーなタイプの場合は、細くて身長は高い花嫁さんに似合いますし、プリンセスラインのレンタルウェディングドレスの形の場合は、身長体型に関係なく、誰でもすてきに着こなせます。

最近では、妊娠してから結婚式をあげる人も増えていますが、その場合はドレスの形はAラインがおすすめです。お腹が目立たないし、足の長さも長く見えて一石二鳥です。

ウェディングドレスの種類

■シルエットライン

  • スレンダーライン:全体のシルエットが細いストレートなライン
  • Aライン:「A」の文字のように裾が広がるライン。ウェスト位置が高いため足長に
  • マーメイドライン: ひざまで体にフィットした人魚のようなライン
  • プリンセスライン:ウェストの切替から下が広がったライン

■袖のデザイン

  • アメリカンスタイル:首からわきにカット
  • パコダスリーブ:袖口にフリル
  • フレンチスリーブ:肩は隠れるが半袖よりは短い
  • そのほか、半袖、七分丈、ノースリーブ、長袖など

和装の選びかた

和装は色や織りなどによって、一見「似てるかな?」と思ったものでも、着てみるとまったく印象が変わってしまうことがあります。洋服では自分に似合っていた色が、和装でも必ずしも似合うとは限りません。

髪型もまた同じ。実際に髪の毛をアップした状態で、着物を肩にかけてチェックすることが大切です。また、草履はバランスを考えてかかとがやや高いものを選ぶとよいでしょう。

そのとき、着物に詳しい人、着付けができる人に付き添ってもらってアドバイスをもらうと確実です。こうしたスタッフがいるスタジオなら安心ですね。

男性の場合は種類もそんなにないので、気に入ったものを選べば大丈夫だと思います。

 
結婚写真をのこせるスタジオ【名古屋版】